タンス預金の平均額はいくら?

お役立ち情報
スポンサーリンク

タンス預金の平均額はいくら?

みんないくらくらいタンス預金ってもっているの?

 

 

銀行も破綻してしまう今の時代は、安心してお金を銀行に預けられません。

 

利息も安いし預けるメリットが無い今はタンス預金をする人が多く居ます。

老後の為に少しずつ貯めていきたいですよね。

 

 

でも、他の人はどれ位のタンス預金があるのでしょう?

 

 

一般的には数十万もしくは数万くらいの現金を自宅で保管する

人が多いようです。

 

足りない時にすぐ出せるのが魅力ですよね。

 

 

そこで今、話題になってるタンス貯金の総額や隠しておく場所などについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

タンス貯金の総額平均

 

2 020年の一般世帯数が約4900万世帯と言われて

おり、均等に慣らすと1世帯あたり200万ちょっとのタンス貯金がある計算になります。

 

 

ですが、これは均等に慣らした場合の金額です。

 

 

世帯によっては収入の全額をタンス貯金してる人もいるし銀行に預けてるという人もい多いですので,

正確な金額は不明です。

 

さらに年代や収入の差によって大きく変わってきます。

 

 

しかし、一般的に働き盛りの30代前後で言うと数万から数十万程度が普通ではないでしょうか?

 

何かあってもすぐに出せる程度のタンス貯金をしてる人も多いでしょう。

 

 

 

日本のタンス預金の総額が増えたとニュースできいたけどどれくらい?

 

 

 

2020年の12月の末に、タンス貯金が100兆円を

超えたと話題になりましたよね。

 

見た事もない額に想像がつかないと思います。

 

知らない所でタンス貯金をして貯めてる人もいるんだと

改めて認識してしまう金額じゃないでしょうか?

 

 

ではタンス貯金が100兆円を超えたと話題になったけど、

1世帯辺りどれ位のタンス貯金があるのでしょう?

 

 

スポンサーリンク

タンス貯金のメリット・デメリット

 

銀行に預けても低金利で利率も低いので

タンス預金をして多少なりともメリットがある

ならタンス貯金をしておこうかなあって思います。

 

正直に言うとタンス貯金にはメリットもデメリットも存在します。

 

 

どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

知らないと後で大変な事になってしまう場合もあるので

知っておいた方が良いでしょう!

 

 

【タンス貯金のメリット】

1、好きな時、急に必要になったときにすぐに使える

 

タンス預金の1番のメリットとして、

好きな時や急に必要になったときに使える事です。

 

冠婚葬祭や修理代など急な出費にも、タンス貯金があれば、

すぐに出すことができるし、生活費が足りない時も使えます。

 

ATMに出向く必要もないし手数料も掛からないので大きなメリットですよね。

 

 

2、銀行が破綻しても資産を守れる

 

今は銀行も破綻してしまう時代です。

 

もし、預けていて破綻したら全額を取り戻せない事も考えられます。

 

その点、タンス貯金なら銀行が破綻しても自分で資産を守ることができます。

 

 

3、総額を把握されない

 

 

銀行に預けたり株などに手を出していると調べたらすぐ

資産が分かってしまいます。

 

ですが、タンス貯金の場合には把握されるということが少ないですね。

 

誰にも言わなければ家族にもバレる事がないので、

どれだけ資産をもっているかということを把握されにくくなります。

 

 

 

【タンス貯金のデメリット】

 

1、無くなってしまう危険もある

 

 

タンス貯金のデメリットで怖いのが火事などで無くなる危険性です。

 

どんなに気を付けていても火事になれば紙幣は燃えて無くなってしまいます。

 

 

2、紛失や盗難のリスク

 

 

これもリスクとして考えられる事です。

 

不在の時に盗難にあったり、どこに置いたか分からなく

なってしまう可能性は高いでしょう。

 

 

せっかく貯めておいたのに盗られたり置いた場所を

忘れては意味がありません。

 

 

 

外出自粛で巣篭もり需要が増えた今は出掛ける事もなく,

お金を使う暇も無いのでタンス貯金が増えてるのかも知れません。

 

貯蓄の観点では良いかも知れませんがメリットも

デメリットもあるので気を付けましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

タンス預金いい隠し場所はないかな

これからタンス貯金をしてみようかと考えている人は

隠し場所に悩むと思います。

 

1人暮らしならバレないかも知れませんが家族が居ると隠せる場所は限られてきてしまいます。

 

 

いかにバレずにタンス貯金が出来る場所はどこに

あるのでしょう?

 

 

 

◯ タンス貯金の隠し場所

 

 

タンス貯金を隠すと言っても家の中で隠せる場所なんて

限られてきます。

 

いかに合理的に隠せる場所はどこか?

 

 

1、タンスの中

 

 

タンス貯金と言われるだけあってタンスの中に隠して

おく人は多いです。

 

自分の衣服が入ってる場所なら、普段はあまり使わない

服の下に入れるなどする人が居ます。

 

 

2、ベッドの下

 

 

大事な現金は離れた場所に置きたくないと言う人も

中には居ます。

 

目につく場所ではないベッドの下などはバレにくい

場所の1つです。

 

 

3、キッチンのシンク下

 

 

主婦の人は普段、旦那が開ける事のないシンク下など

隠し場所に最適です。

 

特に台所に立たない旦那さんなら見つかる事はない

場所になるでしょう。

 

キッチンの吊戸棚の上の方というのもよく聞きます。

なかなか手の届かないところなので、

こちらも、旦那さんに見つからなさそうです。

 

 

スポンサーリンク

タンス預金を新札に交換はどうする?

2024年には新しいお札が発行されますね。

 

今のお金は使えるのか?
タンス預金は新札に交換した方がいいのか?

などとネットで話題にもなっています。

 

20年ぶりなので以前のことを知らない人も多いですね。

今のお金が使えなくなるということはありませんね。

 

今でも昔の聖徳太子のお札は使えるので・・・

 

今日本の国のなかでも、

現在かなりの額のタンス預金があるといわれています。

紙幣が変わることによって、眠っているお金を消費したり、

投資したりする人も増えるかもしれませんね。

 

新札が発行されても旧紙幣は使えますが、

いざ、お金がいるといったときにすぐに使えるためにも、

お札を交換するというのも考えておいた方がいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

■ まとめ

 

 

銀行も破綻してしまう今は、外出自粛も騒がれてるので

お金を使う機会もなくタンス貯金をする人が増えてると

言われています。

 

好きな時に使えるメリットもありますが、火災や盗難など

リスクも伴います。

タンス貯金をするなら、その辺のリスクも頭にいれて

行いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました