木のまな板を漂白してしまった!まな板の漂白や除菌方法は?

お役立ち情報
スポンサーリンク

木のまな板を漂白してしまった!まな板の漂白や除菌方法は?

愛用している木のまな板があります。

 

何の躊躇もなくキッチンハイターで漂白をしてしまいました。

 

本当は木のまな板は漂白しない方がいいみたいなんですね。

テレビで木のまな板は漂白できないし・・・みたいなことを言ってる人がいて、

木のまな板って漂白しない方がいいんだ!!

 

とその時に知りました。

 

で、漂白してしまった木のまな板ですが、部分的にシミのような、

色が変わっています。。。

 

では除菌とかどうすればいいのか?

 

木のまな板はプラのまな板とは違い手入れがしっかり

していると長持ちします。

 

毎日、触れていると自然と愛着も湧きますよね?

 

ですが日々、使っていると汚れが溜まってしまいます。

いくら綺麗に洗っていても汚れや細菌は洗うだけでは

落とす事が難しいものです。

 

 

漂白したら良いのか?

 

そんなことを考えると思います。

プラのまな板ならまだ分かるけど木のまな板はどうなのか?

 

 

そこで普段から気になってるまな板の除菌方法や

お手入れについてまとめました!

 

 

 

 

スポンサーリンク

木のまな板の除菌方法は?

 

毎日の料理で使うキッチン道具のまな板。

 

プラの物や木で出来た物とありますが、どれも使ってると

汚れが付着します。

 

その汚れを綺麗にするために除菌や漂白をしますが、

木のまな板とプラのまな板ではやり方が少し違います。

 

 

まな板の漂白や除菌方法をまとめました。

 

 

 

《除菌が必要な訳とは?》

 

 

まな板は除菌が必要だと言われる理由は分かりますか?

 

使った後に綺麗に洗えば何も問題ないと思われるかも

知れませんが、洗っただけでは足りません。

 

それは何故なのか?

 

 

キッチンは菌が増殖するには都合の良い最高の場所と

なってるからです。

 

・適度な湿度と室温

・食材カス

・三角コーナー

 

これらの場所は菌が増えやすい環境なので放っておくと

びっくりするほど増えてしまいます。

 

なので、まな板は除菌が必要になるんです。

 

 

 

《木のまな板の除菌のやり方》

 

 

まな板の除菌をする方法として一般的なやり方は2つ

あります。

 

1、アルコールを吹きかける

2、布巾などに染み込ませパックする

 

誰もがやってる方法ですよね?

多くの人は、この方法だと思います。

 

 

間違えではありませんが、ただやるだけでは効果が

薄くなります。

 

 

まず初めに、まな板をしっかり洗いましょう!

 

木のまな板はプラと違い木目があるので細かな凹凸が

あります。

タワシを使い隙間に溜まった汚れを掻き出して良く洗い、

乾燥させてから除菌をしましょう。

 

 

 

《木のまな板を除菌する時の注意点》

 

 

洗ったからと言ってすぐにアルコールを吹きかけたり

しない事です。

 

洗い終わったら必ず水気をきり風通しの良い場所で

乾燥させてから除菌しましょう。

水分が残っていると湿気もありカビや菌が増えやすい

環境になります。

 

必ず乾燥させてから除菌をしましょう!

 

 

あと1つ注意点として熱湯をかけるのも気を付けよう。

 

熱湯をかけるとタンパク質が固まって、

余計にカビなどの原因になる場合もあります。

なので、熱湯をかけるときには、

まな板をきれいに洗ってからお湯をかけるようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

木のまな板を長持ちさせるお手入れ方法を教えます

包丁との相性や食材との相性を考えると木のまな板は

外せないですよね?

 

長く使いたいと思っていても黒カビが生えたりすると

使うかどうか迷ってしまうと思います。

 

ですが、しっかり手入れをしていると木のまな板は

非常に長持ちし愛着も湧いてきます。

 

 

どの様な手入れをしたら良いのか?

 

《木のまな板の手入れ方法》

 

木のまな板はプラの物と違い表面に細かな凹凸が多く、

汚れも溜まりやすい特徴があります。

 

日々の手入れをする事で長持ちします。

 

 

1、使う前は水洗いする

 

 

木のまな板を使う前は1度、水洗いをして綺麗に拭いて

から使いましょう。

これは、食材の臭いなどを染み込ませない為です。

 

水で洗った後は、まな板の水分を布巾で拭いてから

使用する様にしましょう。

 

 

 

2、使用中は切る順番も大事

 

 

臭いの強いものを先に切ってしまうと臭い移りしてしまう

事もあります。

 

また、色の濃い野菜などのかっとを先にしてしまうと

木目に食材の色が染み込んでしまう事もあります。

 

カットする順番も気にしておきましょう。

 

 

 

3、使い終わったら綺麗に洗い乾燥させる

 

 

木のまな板は洗って水切りするだけじゃなく、タワシで

木目に沿って洗ったらしっかり拭いて風通しの良い所で

立て掛けて乾燥させましょう。

 

カビや菌は水分があると増殖しやすいので乾いた布巾で

拭き取ってから乾燥させましょう。

 

 

 

日々の手入れをしていれば木のまな板は長持ちします。

 

また、食材ごとにまな板を変えるなどすふ事でさらに

長持ちもします。

手間はかかりますが長く使う為に行いましょう。

 

ちょっと探せば、まな板専用の立て掛けスタンドなども

販売されてますのでオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ

木のまな板は食材が滑りにくく手入れをすると長持ち

するので使いたくなりますよね?

 

もし、黒カビが生えてしまったりしたら薄めた液で

漂白する事もできます。

少し手間がかかりますが洗った後は綺麗に拭いて乾燥を

してから除菌する様にしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました