保育園に行きたくない!たまには休ませるのもいいかも。

子育てでの出来事
スポンサーリンク

保育園に行きたくない!たまには休ませるのもいいかも。

「保育園に行きたくない」。

共働きで、出勤前に子供を保育園に預けに行くお母さん。

一分一秒を争う朝の忙しい時間に、我が子が急にこんなことを言い出したら困っていますよね。

「どうしたの?具合悪い?」

「何か嫌なことがあったの?」

心配もさることながら、「仕事もあるのにどうしよう!」と困るのが本音。

でも行くのを嫌がっている我が子を無理矢理連れて行ってもいいの?

思い切って休んでいいよと言ってあげるといいかも!

保育園に行きたくないという時にはこうすればいいかも。

子供が「行きたくない」という原因はさまざまです。

 

園の環境に馴染めない

・クラスや担任が変わって慣れなくて不安

・お母さんと離れたくない

・苦手な活動や行事がある

・お友達と喧嘩をした

・先生が怖い

連休明けで面倒に感じる

などがあげられます。

 

こうした理由を、お子さんが自分で説明できるかというと、

それは難しいでしょう。

幼児期の子供はうまく自分の気持ちを言葉にできない事も多く、

本人が話した理由が全てではないこともあるからです。

 

理由はどうあれ、体調不良以外で何かしらの不安を感じ

「休みたい」というのであれば、可能なら休ませてあげましょう。

 

親からしたら大したことのない理由でも、

子供本人にとっては大きなことなんです。

 

「大したことないから行ってきなさい」「元気なら行ってちょうだい」

と送り出すのも構いませんが、たまにはゆっくり過ごす時間も必要です。

 

大人だってゆっくり休んで好きなことをしたり、

好きなものを食べたりリフレッシュが必要ですよね。

 

子供も同じです。

嫌な気持ちやモヤモヤが残っている状態で無理に登園させるのは逆効果です。

 

不安がますます大きくなって、本格的に拒否が起こってしまうことも。

怠けやサボりではない、「元気を充電する」休みだと思ってください。

園には「疲れが出たようなので」といえばOKです。

 

休むのが無理であれば、

代わりに一緒に過ごす時間はたくさん甘えさせて安心させてあげましょう。

スキンシップなどの甘えにはたくさん応えてあげてください。

こういった甘えはマイナスにはなりません。

しっかり気持ちを受け止めてもらった分、

安心感を持ちまた頑張る元気に繋がります。

 

子供が不安に思う様子はあとで園に連絡し、

連携をとりながら対応を考えていけばいいと思います。

 

また、その日にはどうしても休めない仕事がある時には、

改めて休める日を作って、子供と一緒におでかけなど

普段とは違う遊びをするのもいいのかもしれません。

 

保育園に行きたくない先生が怖いという理由が結構ある

保育園に行きたくないという理由の中で、

先生が怖いという子供も少なくないようです。

 

うちの子供も、小学生になってからあの先生怖かったといっていました。

 

年中や年長などある程度話が聞ける場合には、子供にじっくりと、

どうして保育園が嫌なのか、先生はどんなことをするのかをきいてあげれば

いいと思います。

 

乳幼児だとまだ喋ることができない子たちも多いので、

少し心配ですね。

同じ保育園のママ友や、同じ保育園に通っていたお母さんに

どんな先生なのか聞くのもいいかもしれません。

 

少し怒られたことが子供にとっては怖いになってしまうこともありますね。

 

時々ですが、虐待的なことをしていたというニュースなどもありますので、

注意も必要なのかなと思います。

 

とはいえ、一人の先生が何人かの子供をみているので、

先生の大変さも大いにあるとは思います。

 

先生との連携や、上の先生との連携なども必要であれば、

していかないといけないですね。

 

スポンサーリンク

保育園の朝の準備は大変。イライラしないようにするには。

保育園に通わせてるお母さんのもう一つに悩みは朝の準備の大変さですよね。

「時間に間に合うように家を出たい!でも子供が全然協力的ではない!」

とイライラしてしまう方も多いのでは?

 

朝のおしたくでイライラしない方法をご紹介しますので、

参考にしてみてください。

 

1 朝ごはんは少なくてOK

1日のスタートを切るのに、しっかりを朝食を食べてほしい思いはわかりますが、

朝は時間優先で、子供が食べやすいものを少量だけ用意しましょう。

朝は「ロールパンとフルーツのみ」「おにぎりとソーセージのみ」など、

手軽に準備して食べられるものだけでOKです。

 

2 登園する服で寝かせる

お着替えに時間がかかりがちな子には、

パジャマではなく登園する服で寝てもらうという方法もあります。

朝は靴下を履けばOKなのでとても楽ちん!

 

3 したくボードを作ってやることを可視化

あれをしてこれをして、とやることはたくさんあるのになかなか動いてくれない子には、

「おしたくボード」を作ってあげましょう。

100円ショップなどでも売られています。

 

「お着替え」「歯磨き」などと書かれたマグネットをホワイトボードに貼るだけ!

やることが終わったらマグネットを裏返していくと「できた」も可視化できます。

 

4 実況する

実況しながらやることを「できた」を伝えて、指示する方法もあります。

「さあ○○くん起きました」「まずはトイレに向かうようです。スッキリしたようです」

「次は何をするのでしょうか」「おお!完食です。

上手に食べました!次は歯磨きをしにいくようです」

などと実況風に声をかけなが支持していくと子供も行動しやすいですよ。

 

5競走する

のんびりしがちな子には、競走作戦が有効です。

「早くして!」と言いがちな忙しい朝。

急かしても急かしてものんびりしてしまう子には

「お母さんとどっちが先にお着替え終わるかな?」

「兄弟で誰が先におしたく終わるかな?」

など競争心を煽ってあげると自然にスピードアップできますよ。

 

ただ、うちの場合は兄弟で競争をさせると最後にはどっちが早かったかと、

兄弟げんかになってしまいました。

下の子が負けるのが悔しくてそれから機嫌を損ねてしまい、

大変だったこともあるので、ご家庭によって変えてみてくださいね。

 

まとめ

「行きたくない」と言われ休ませるのはわがままを助長するのかな?と不安に思う方もいるでしょう。

しかし不安や嫌な気持ちを抱えたまま過ごすのは子供にとって酷です、。

休ませるかどうかの判断は難しいですが、もし可能なら休ませてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました