壁紙の張り替えは自分でも簡単にできる!そのやり方とは?

お役立ち情報
スポンサーリンク

壁紙の張り替えは自分でも簡単にできる!そのやり方とは?

 

 

家に居ることが増えた今、自宅の壁紙を自分でやる人が

増えています。

 

毎日、同じ風景を眺めるより気持ち的にも良いですよね?

 

しかし簡単に張り替えると言っても壁紙を素人が

張り替える事ができるか不安じゃないですか?

 

 

安心して下さい!

 

今は初心者でも自分で張り替えられるキットがあったり

ただ貼るだけの壁紙も存在してるんです。

 

 

休みの日などを利用して壁紙を張り替える為に自分で

出来るやり方や気を付けたいポイントを紹介したいと

思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

壁紙の張り替え、自分でするとき、下地はどうすればいいのか?

 

 

 

部屋のイメージを変えるには模様替えも良いのですが

壁紙の張り替えが1番パンチがあります。

 

自粛が騒がれてる今は思い切って自分で壁紙を張り替え

ようとする人が増えてきました。

 

 

ですが…

 

 

今の壁紙を剥がして新しいのをつけるだけと言っても

初心者には難しいものです。

 

しっかりと下地を作らないと、デコボコしたり空気が

入ったり剥がれてきたりします。

 

 

失敗しない為にはどうしたら良いのか悩みますよね?

 

そんな人の為に、自分で壁紙を張り替える時の下地の

処理方法をまとめました。

 

 

 

◯ 壁紙を張り替える時の下地の処理

 

 

壁紙は今の壁紙を剥がして新しい物を貼る作業です。

 

今の壁紙を剥がした時に、平坦なら問題なくそのまま

貼れますが接着剤や前の壁紙が残ってしまいます。

 

まずはこれらのデコボコを綺麗にしましょう!

 

 

【必要な道具】

 

・パテ

・パテ板

・パテベラ

・紙やすり

 

 

壁紙を剥がした時に残る裏紙と呼ばれる薄い物やノリが

あります。

 

これがあると綺麗に貼れないのでパテを盛って平坦な

壁にします。

 

 

1、パテを作る

 

余って使わない壁紙などにパテを出し水で練ってパテを

作ります。

壁紙が余らなかったら適当に使わない容器を準備して

パテを作りましょう!

 

 

2、パテを盛る

 

壁紙の裏紙が残った部分や剥がれてしまったところの

段差を埋める様にパテを盛り薄く伸ばしていきます。

 

 

3、ヤスリ掛け

 

パテが乾いたら紙やすりを使い平に仕上げます。

 

この時に段差が大きかったら再度、パテを盛り削るを

繰り返して壁紙を貼る面を平坦にしていきます。

 

 

4、壁紙を貼る

 

壁が平坦になったら、パテの粉を落としてノリ付けし

壁紙を貼っていきます。

 

 

 

基本的に壁紙を剥がした時に前の壁紙の裏紙やノリが

残る事が多いのでパテ盛りし平に仕上げる事が綺麗に

貼れるポイントです。

 

パテも速乾性の物もあれば硬化に時間がかかるものが

ありますので選ぶ時に注意しましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク

トイレの壁紙も張り替えたい!ここを気をつけよう

 

壁紙を自分で張り替えたい!

 

そう思った時に初めからリビングの壁紙を張り替える

人は少ないと思います。

 

そんな時に真っ先に思いつくのが〝トイレ〟です。

 

 

トイレなら目立たないし狭い空間なので費用も少なく

ダメージも小さいですからね。

 

でも、やるからには綺麗に仕上げたいものです。

失敗しない為にどんな所に気を付けたら良いのでしょう?

 

 

 

◯ トイレの壁紙張り替えで気を付けたい事

 

 

トイレの壁紙を張り替える時に気を付けたいポイントが

いくつかあります。

 

リビングなどより範囲も狭いので簡単に思ってしまうけど

実はトイレの作りによっては難易度が高いんです。

 

 

気を付けるポイントは以下の3つです。

 

1、柄が合わない

2、空気が入る

3、剥がれてくる

 

 

ひとつ目は柄が合わない事です。

 

好みの柄の壁紙を貼りたいと買ってきたのは良いけど

隙間ができた時に柄を合わせる作業がでてきます。

 

経費を出来るだけかけない様にピッタリのサイズで

買ってしまうと仕上がりで柄がズレてしまいます。

 

多めに買っておきましょう。

 

 

ふたつ目は空気が入る事です。

 

トイレは狭い空間ですが、棚があったり窓枠があったり

上手く貼りにくい部分があります。

 

中には窓枠に引き込むタイプの物もあり上手く貼らないと

空気が入ってしまい浮いてくる事があります。

 

 

最後に剥がれやすい事です。

 

トイレは狭い空間なので下地の処理が甘くなってしまう

事があります。

 

下地の処理が甘くなると接着が弱くなり剥がれやすく

なってしまうので気を付けましょう!

 

 

トイレは壁紙を貼る範囲が狭いので簡単に思いますが、

意外と難易度の高い場所でもあります。

 

自分でトイレの壁紙を張り替えるなら、まずは何もない

壁の部分から始めると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

壁紙の張り替えシールなら賃貸でも大丈夫!!

 

賃貸でお部屋を借りている方は、部屋の模様替えをしようと思っても、

なかなか自分好みにできないなって思っていた人もいるでしょう。

 

そのようなときには、張ってはがせるシール壁紙がおすすめですよ。

 

張りたいところにペタッとはるだけなので、今ある壁紙の上からでも

張れることができてしまいます。

 

しかもはがすときにもきれいにはがれるものが多いですので、

手軽に模様替えができてしまいます。

 

部屋全体を張り替えなくても、壁の一部分を張り替えるだけでも

イメージがガラッと変わると思います。

壁紙の柄も多様にあるのでお部屋のアクセントとしてもいけますね。

 

シール壁紙のおおまかな張り方は簡単です。

 

  • 張りたい壁の汚れを水拭きして乾かします。
  • シール部分を途中まではがして、端からはっていきましょう。
  • 裏紙を外しながら上からゆっくりと張っていきます。
  • スムーサーでこすると空気がぬけてぴったりとくっつきます。

 

簡単で、道具も少なくてすみますし、

初心者にはこちらの方がおススメかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

部屋のイメージを変えるには壁紙の張り替えが1番だと

思います。

 

家に居る時間が増えた今は自分で張り替える人も多く

初心者向けのキットなどもあり始めやすい環境ですが

分からないと失敗もしてしまいます。

 

最近ではユーチューブなどで検索をすると、

壁紙の張り方などの動画もたくさんあります。

 

素人でも簡単に張れる張り方や、壁紙の上から簡単に張れる

壁紙の張り方、つなぎ目部分はどうするか。

などといった細かいところまで説明している動画もありますよ。

 

こういったのを参考に挑戦してみるのもいいですね。

 

自分で張り替える場合は、しっかりと下地を平坦にし

張り替えをしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました