紙おむつを洗濯機で洗濯してしまった!!対処方法は?

家事
スポンサーリンク

子どもがいると自然に洗濯物も増えるもの。

食べこぼしのシミや、飲み物をこぼして濡らすこともあれば、

トイレに間に合わなくて汚してしまったり、

公園で泥まみれになって遊んだり、

とにかく子どもは汚す天才ですね。

 

汚れた子どもを連れ帰り、慌ててお風呂に入れて、

汚れた物を洗濯機に放り込んで、ふぅと一息。

洗濯が終了した軽快なメロディに、

重い腰を上げて取り出しに行ってみると……

 

「あーーーーーーーーーーーーーー!!

やってしまったーーーーーーーーーー!!」

 

水分を含んでパンパンに含んで重ーーーくなった紙おむつ。

 

お、お前さん……どうしてこんな姿になってしまったんだ……

誰にやられた! こんな……こんなに変わり果てて……()

 

なんて嘆いている暇はありません!

洗濯槽の中に残ったゼリー状と化したポリマーまみれの洗濯物。

洗濯物と洗濯槽をきれいにするにはどんな方法があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機でおむつを洗ってしまった、洗濯機はどうすればいい?

まずは紙おむつを取り出しましょう。

選択された紙おむつは、吸水ポリマーが最大限に水を含み、

パンパンに膨れ上がりがります。

それだけだったら洗濯物や洗濯槽には被害はないのです。

 

洗濯槽が回転している間に衝撃を受けた紙おむつが破れ、

中の吸水ポリマーが飛び出してしまうから厄介なんです。

 

水を吸ったポリマーはゼリー状になります。

触ると「ドゥルン」とした独特の感触になります。

 

これがまた、うまい具合にくっつくんですね、洗濯物に。

 

そして脱水して水分が飛ぶと、洗濯槽にこびりつきます。

 

洗濯槽をきれいにするためには、まずは洗濯物を取り出し、

ひとまず洗濯かごや新聞紙の上などに一時避難させましょう。

次に、目に見える範囲で洗濯槽内の紙おむつの残骸を取り除きます。

糸くずフィルターの中も忘れずに。

洗濯槽にこびりついたポリマーは布などを使って優しく拭き取ります。

 

間違ってもタワシなどでゴシゴシ擦らないように!

洗濯槽が傷ついてしまいます。

 

続いて、電源を入れて高い水位で洗濯を開始します。

途中で蓋を開け、浮いているポリマーを掬います。

 

運転→停止して浮いてきたものを掬う→運転と繰り返しましょう。

すべて取り除いたら、脱水を行えば排水されます。

 

ドラム式洗濯機は基本的に乾燥機能がありますが、

そのまま乾燥まで行ってしまうと、

またポリマーが洗濯槽にこびりついてしまうため、

脱水までにしましょう。

 

必要があれば何回か繰り返します。

糸くずフィルターももう一度きれいにしましょう。

さて、次は洗濯物をきれいにしましょう。

実は、吸水ポリマーを落とすには地道に洗濯物を振って

取り除くのが一番です。

 

その前に、落としやすくなるコツがあるのでご紹介します!

「柔軟剤のみを入れて、洗濯をする」

たったこれだけです!

 

柔軟剤の効果って、実は洗濯物を柔らかく仕上げたり

良い香りにするだけじゃないんです。

 

洗濯物の滑りをよく、絡みにくくしたり、

静電気防止効果もあるんです。

 

知っていましたか?(すべての柔軟剤がそうとは限りません)

柔軟剤のみでもう一度洗濯することで、

衣類に付いてしまったポリマーがより剥がれやすくなるんですよ。

 

脱水後、乾燥機能で乾かせばさらに剥がれやすくなります!

水だけで二度洗いする方法も試したことがありますが、

乾いても洗濯物にこびりついた状態で、取り除くのがとっても大変でした。

 

柔軟剤のあるとなしでは天と地ほどの差です!!!

乾いたポリマーはポロポロと落ちるので、

叩く時はお風呂場にやベランダに新聞紙を敷くなど

後片付けが楽なようにしましょう。

 

ネットには「ポリマーが溶けるので塩を入れて洗えばいい」

という情報も載っています。

これはお勧めしません。

 

洗濯槽が錆びてしまったり、故障の原因になる可能性があるためです。

 

スポンサーリンク

おむつを洗濯してしまったとき、排水溝は大丈夫?

洗濯物と洗濯槽がきれいになったところで、

次に気になるのが排水溝ですね。

 

ポリマーは水溶性ではないので排水溝に詰まったら大変です。

まず、洗濯機の元水栓を閉めましょう。

 

漏電のリスクに備えて、電源を落としたあとに

コンセントも抜いておくといいでしょう。

排水ホース内に残った水が逆流することがあるので

気をつけて排水ホースを外してます。

 

排水溝にポリマーが溜まっていないか確認し、

あれば取り除きましょう。

そのあと市販のパイプクリーナーを入れます。

 

30分ほど時間を置いてから、ゆっくりと数回に分けて

水を流しこめばOKです。

紙おむつを一緒に洗うはずないじゃん〜」

と思っているそこのあなた

あるんです! 実際あるんです!

急いでいてよく確認しないまま洗濯物と一緒に放りこんでしまったり、

子どもがよかれと思って脱いだものと一緒に洗濯機に放り込んでくれたり、

脱ぎっぱなしで置いていた紙おむつとパンツを、

よかれと思って旦那が確認せずに放り込んじゃうこともありますね。

とにかくいろんな理由で投入されることはあります。

 

(我が家だけじゃないはずです……多分)

ただでさえ忙しい育児の貴重な時間を

ポリマーまみれの洗濯物とドラム槽の処理に割かないよう

気をつけるのはもちろんですが、

もし「やってしまった!」時にはぜひ参考にしてください。

 

まとめ

わたし、この記事を書いてから、またまた何度かやっちゃいました!!

本当にダメダメですよね。

 

ただ、一度経験をするとなんだか対処能力高まっています。

落ち着いて、処理することができました。

 

でも余計な時間を費やしてしまうので今度からは気を付けようと

思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました