輪ゴムや割り箸、紙袋がたまる捨てられない!活用法は?

お役立ち情報
スポンサーリンク

輪ゴムや割り箸、紙袋がたまる捨てられない!再利用方法は?

割り箸や輪ゴムなど、

普段の買い物やお出かけの時についてくるものや、

何気なくもらうものってありますよね?

 

しかし、これらをすぐに使う必要はなく、

「いつか出番があるだろうからとりあえず…」と、

ついつい溜めてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、こうしてつい溜め込んでしまうものの有効な使い方をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

輪ゴムの再利用法

 

一つ目は、食事の出前を頼んだ時についてきたり、

知人からまとめてものを受け取る際に束ねられていたりと、

何かとおうちにやってくる頻度が多い輪ゴム。

 

私は食べかけのお菓子屋冷凍食品の封に使っています。

それだけでなく、ゴミ捨ての際にも、

袋の口が縛りにくい時に止めたり、

ゴミをまとめた袋をコンパクトにしたりするという使い道があるのです。

 

さらに、主婦の友人から聞いた話ですが、

開けづらい瓶の蓋に巻いて開けやすくするという裏技もあるようですよ。

 

スポンサーリンク

割り箸・フォーク・スプーンなどの再利用方法

二つ目は、お惣菜やアイスクリームを買った際に、

余分にもらってしまいがちな割り箸・フォーク・スプーンなど。

でも、これは万が一の備えに便利!

 

毎日お弁当が必要な場合、箸箱を忘れる可能性もありますので、

いざという時のために、まとめて袋に忍ばせておくのはいかがでしょうか?

 

何本かまとめて会社に置いておくのも一つの手ですね。

ちなみに、私の場合は少しでも洗い物を少なくすることを考え、

 

ピクニックの時はもちろん、

普段の食事でもなるべくコンビニなどでもらう割り箸やスプーンを使用しています。

 

また、コンビニでもらうアイスクリームのスプーンを、

手で直接触れたくない薬品を混ぜる際に使ったり、

 

掃除の際に割り箸で布を挟んで隙間の埃を取ったりと、

道具としても活躍できそうですね。

 

スポンサーリンク

紙袋の再利用方法

三つ目に、作りがしっかりしているものや、可愛いデザインの紙袋は、

かさばってもついついとっておきたくなりますよね。

 

しかし、これらも決して無駄になることはありません。

私はデザインが良い物は友達へのプレゼントの包装に使っていますし、

普通にショップでもらう紙袋は生ゴミや紙のゴミをまとめる時に使用しています。

 

また、作りがしっかりしている紙袋の場合は、

電子機器のコードの入れ物にしたり、買い出しの際のマイバックにしたり、

しばらく使わないバッグや小物の保管に使ったりと、

サイズに応じて使うことができますよ。

 

さらに、紙袋は氷同士がくっつかないように保管することができるので、

冷凍庫に入れておくのも有効な使い道のようですね。

 

スポンサーリンク

段ボール・空き箱・包装紙の再利用など

そして四つ目に、段ボール・空き箱・包装紙なども、

実は色々な場面で役立てることができるのです。

 

私の場合、空き箱は棚の中の仕切りとして使ったり、

リップクリームや塗り薬の保管にも使っています。

 

お菓子の缶の場合はしっかりしているので、

四角い缶にはCDを入れて衝撃から守り、

丸井缶にはアクセサリーを作るためのビーズを入れています。

 

また、段ボールは遠方に荷物を送る際に使う他、

台風対策にも役立つようですよ。

 

さらにとっておき甲斐があるのが、ラッピングについてくる飾り。

 

私の母は、綺麗なリボンは要塞や小物につけて使っていましたし、

祖母は和菓子やご祝儀袋に付いている水引を、お正月に鏡餅につけていました。

 

このように、再利用しながら飾りつけを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

これらはみんな、普段使うものに代用できたり、

捨てる前にもうひと働きできたりするものばかり!

捨ててしまえばすっきり片付くものですが、

どうせなら本当に使えないくらいボロボロになるまで活用したいものですよね。

なかなか使い道が浮かばなくて悩んでいるあなた!

ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました