生前整理と断捨離は40代にやっておこう

お役立ち情報
スポンサーリンク

生前整理と断捨離は40代にやっておこう

一般的に年いってから書く人が多いと思いますが、終活などの生前整理などの最期に向かって作る人がいると思います。

今回はまだ早いと思いますが、40代で作り出すことをお勧めしたいと思います。

最期に向かって、断捨離などをお勧めします。

そこで、40代で生前整理をする内容は、断捨離以外に何があるのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

40代の「終活」でやるべきこと

40代での終活は早そうですが、何が起こっても不思議ではない時代、

まず始めて欲しいのが、身の回りのものを整理する断捨離や生前整理」

そして就活と言えば・・・「エンディングノート」の活用です。

 

この世代と言えば、仕事で責任ある立場を任され、子育て世代なら成長する子供と毎日過ごすなり、まさに現役世代ですね。

 

そのため、まだまだ死について考えたり、老後のことについてなかなか考えるという機会がないという人の方が多いといえます。

それではどのようにして断捨離や生前整理をしていけばいいか説明していきます。

 

スポンサーリンク

断捨離・生前整理は40代にやっておこう

40年以上生きていると、色々な物が家にもあふれますが、

仕事も忙しい年代なので不用品の整理が後回しになっている人も多いのではないでしょうか。

 

不要なものを整理・処分するのは、かなりの気力、

そして体力も伴わないといけなくなります。。

まだまだ体が動く40代から始めておくことも必要です。

断捨離をしたり、生前整理をするということは、

終活においてとても大切な役割があります。

 

家族に残す財産や相続について考えられる

断捨離・生前整理をすることによって、自分の財産や、家族にのこしておける財産がはっきりと目にみえるようになります。

 

財産をより明確にするため、預貯金や株式・投資信託などの財産をまとめ、使っていない銀行口座や

クレジットカードの解約といったこともしていきましょう。

 

今後の人生に必要な物を考えられる

これからの自分の人生に必要な物なのか、不要なものなのか、

じっくり考える機会にもなります。

 

不要なものや使わないものは置いてても仕方がないので、

破棄したりリサイクルに出したり、

必要とする人にあげたりしましょう。

最近では、フリマアプリなどもありますので、

そちらで売ることもできますし、

自分が不要なものを売ることでお金が得られます。

要らないものはなくなってスッキリするし、お金も増えるしおすすめです。

 

遺品整理の負担を軽減できる

残された家族の遺品整理の負担を軽減することができます。

遺品整理会社を利用することになって、

金銭的な負担がかかってしまいます。

今から少しずつでも断捨離で物を捨てたり、

生前整理を始めることをおススメします。

 

スポンサーリンク

エンディングノートとは?何を書けばいいの?

何年か前から終活を考えている人は書き始めていました。

今の時代では、書店に関連本が並んでいるように

当たり前のようにあります。

エンディングノートには何が書かれているのか分かりますか?

書店で購入するとこういうことを書けばいいという

項目があります。

なので何も迷うことなく基本のことは書けるでしょう。

 

エンディングノートに書いておくといいことをあげてみました。

自分自身について

 名前・生年月日・本拠地などの、自分の基本情報を書いておきましょう。

 

個人情報や契約情報

 携帯の契約内容やIDなどパスワードを書いておくと、残された家族には助かります。

 特にネットで使用しているIDやパスワードなどは、わからないと家族が困ることが多くあります。

 

また、エンディングノートを書くときに、必要ない契約は解約をしてサッパリしておくことをお勧めします。

 

介護と医療

 エンディングノートは、亡くなった時にも役立ちますが、

自分自身が認知症になってしまったときのことも考えて、

書いておくといいでしょう。

介護をお願いする人・認知症になった時の対応、

持病・かかりつけ病院など。

そして、介護に使わなくてはいけないお金をどこから出すのかなど

自分の将来のことを考え、介護と医療について書いておきましょう。

 

葬式やお墓

 葬式のタイプや参列者の連絡先など、希望がありましたら書いておきましょう。

最近は、盛大なお葬式よりも家族葬でしめやかに死体という人もいます。

また、お葬式もどの宗教で出してほしいなど書いておくと、急に亡くなってしまったという時にも

故人の意向が受け入れられていいのだと思います。

 

相続財産と遺言書

 預貯金や土地などのプラス財産だけでなく、借入金やローンなどのマイナス財産も書いておきましょう。

ただし、遺産相続指定をしたい時はエンディングノートより、法的効率を持つ遺言書のおすすめをします。

 

連絡先

 家族の知らない知人とのつながりもあると思いますので、

訃報を伝えたい人、葬儀に参列してほしい人などをエンディングノートに明記しておくと、家族の負担を減らすことができます。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、40代から生前整理をする重要性などの仕方を紹介しました。

断捨離などは体力を要することなので、特に家にある大きなもので、長年使っていないものなど、

処分するにはいい年代だなと思います。

40代などの若く動けるときにやっておくと良いことが分かりました。

私の親をみても思うのですが、要らないのに捨てられないというのが多いですね。

自分の生前整理や断捨離もしないといけないなと思いますが、

両親の生前整理もまずやらないといけないと思いました。

残された家族の人のために断捨離をしておくと楽になるようです。

私もこれを書きながら生前整理をしておこうと考えさせられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました