犬の防寒対策!外に散歩に行くときはどうする?

雑言
スポンサーリンク

犬の防寒対策!外に散歩に行くときはどうする?

温めすぎは危険だワン!犬の防寒対策で注意すべきこと

大寒波によって気温が急激に下がることもあるこの季節。

自分と同じように飼っている犬にも防寒対策をしてあげたいと思いますよね。

ところが犬の場合、

防寒対策のしすぎによって起こる病気やけがのトラブルもありますので、

人間と同じように温めれば良いというわけではありません。

そこで今回は、犬の防寒対策で注意すべきことを、

私が犬を飼っていた時の体験を交えながらご紹介いたします。

スポンサーリンク

犬を外で散歩させる時の防寒対策、服は着せる?着せない?

冬は寒いので犬も寒いだろうって思いますでも!

「寒そうだから」、「おしゃれをさせてあげたいから」などの理由から、

長時間犬に服を着せたままにしていることはありませんか?

実はこれって、皮膚が蒸れてわきや股付近が赤くただれてしまう危険があるのです。

また防寒対策としてフード付きの服や帽子で耳を覆い続けると、

耳の中の湿度が上がって外耳炎を起こすことも考えられます。

そのため、私はフード付きの服や帽子はもちろん、服は何も着せていませんでした。

もし外出先での抜け毛が気になったり、雨の日に濡れるのが可哀そうに思うのでしたら、

服を着せる頻度は必要最小限にとどめておくと良いですね。

そのままっていう方がいいんだと思います。

スポンサーリンク

家の中での犬の防寒対策は暖房器具にご注意を

二つ目に、あなた自身が寒くなると

ほットカーペットやカイロを長時間利用するのかもしれませんが、

犬の場合こういった器具に長時間さらされることで、

皮膚の一部が赤くただれたり、水ぶくれができたりすることがあります。

そのため、犬用にホットカーペットをしかない部屋を一つ確保してあげることを

お勧めします。

私の場合ホットカーペットを敷かない部屋となれば板の間しかなかったので、

さすがに冷えるのではないかと心配でした。

でもそんな時は、部屋に布製の絨毯やお布団を敷いてあげていました。

毛布のような毛羽立った素材でなければ爪をひっかける心配もありませんし、

程よい温度で気持ちよさそうに寝ていましたよ。

それだけでなく、コタツやヒーターなど、

コンセントにコードをつないで使う暖房器具にも注意が必要です。

なぜなら好奇心旺盛な犬の場合、コードを噛んで遊び、

感電してしまう恐れもあるからです。

私が飼っていた犬も好奇心が強く、

ひも状の長いものが近くにあればなんでも噛んで遊んでいました。

そのため、コードのある部屋で犬が遊んでいる時は、

私も必ず同じ部屋にいるように気を付けていました。

そして犬を置いて外出する際には、

コードをコンセントから抜くことも忘れてはなりませんね。

暖房器具を使うなら、エアコンをつけておくというのがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

体を清潔に

とはいえこれらの注意を守っていても、

外出時の服や生活している部屋が暖かすぎてしまうことはどうしても起こってしまい、

知らない間に犬は病気になっているかもしれません。

ですから、常に体を清潔に保ってあげることが大切です。

まず服を着せて外出し、帰宅後に脱がせた際には、

毛玉や毛の塊ができている可能性があります。

そのため、ブラッシングをして皮膚への通気性を高めてあげましょう。

また垂れ耳の犬は防寒対策によって外耳炎になりやすいので、

耳の中をこまめに確認してあげてください。

そして確認した結果、耳の中から嫌なにおいがしたり、耳をよくかくようになっていたら

動物病院の受診も考えましょう。

私の場合、外出先から帰宅後には必ずお風呂に入れてきれいに毛を整え、

耳の中の確認もその時に行うように注意していましたね。

その結果、13歳にして心臓発作で亡くなってしまったものの、

防寒対策による不調が見つかったことはありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

人間と犬では寒さ対策も異なりますので、

犬にとって適切な温度を考えるのは難しいかもしれません。

しかし犬も家族の一因です。

寒さに対しては、過度に心配することはしなくてもいいように思います。

防寒などに気を使って、事故になったり、病気にならないように、

気を配らないといけないですね。

一緒に元気でこの冬を乗り越えられるように、

自分の寒さ対策に加え、犬の体調にも気を配ることを忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました