顔合わせの服ってカジュアルも派手過ぎもNG?

未分類
スポンサーリンク

顔合わせの服ってカジュアルも派手過ぎもNG?

絶対NGの結婚の顔合わせ服装とは!?実は知らないうちにやっちゃってるかも!

大好きな彼と結婚しようと考えた時に外してはならないのが両家の顔合わせですが、

その際には見た目からの第一印象が最も重要となります。

 

でも服装やお化粧のマナーって自分の考えが間違っている場合もあるので、

「相手の両親に嫌われるかも」と不安になりますよね。

そこで今回は結婚の両親顔合わせの服装マナーについて、

NGなものと正しいものをお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

超基本だけどやっちゃってるかも!?結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは

まず結婚顔合わせというとおめでたい場ですので、

飛び切りのおしゃれをして臨みたいと思うかもしれません。

 

しかし改まった場でもありますので、派手すぎるのはNGです。

上品で清楚な印象を与える服装を心がけましょう。

 

女性の場合、清楚といえばワンピースが一般的ですが、

丈の長さが短いものや体のラインが見えるもの、

柄の派手なものは控えましょう。

 

また私の場合、普段からスカートは履かないのでパンツスタイルで臨みましたが、

花柄やチェック柄の物や、カジュアルすぎるジーンズは選ばないように心がけました。

そしてどちらのスタイルにも共通していえることですが、

たとえ真夏の暑い日であったとしてもフォーマルな席であることを忘れず、

ストッキングを履くように注意しましょう。

素足はもちろん、サンダルやスニーカー、ブーツもNGです。

 

 

スポンサーリンク

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

ではどのようなマナーが適切なのかを、細かく解説していきましょう。

まずワンピースの場合、丈の長さは膝したで、

女性らしいフレアスカートがお勧めです。

 

色はネイビーやベージュといった上品な色を選びましょう。

おめでたい席ですので、黒ではない方が良いですね。

パンツスタイルの場合、私はシンプルな白のスラックスで臨みました。

明るくかつシンプルな色で、

細身のストレートなタイプが上品で落ち着きのある印象を与えるようですよ。

 

そして、全体的なバランスが取れるので、

靴は服の色に合わせたパンプスを履けば好印象ではないかと思います。

 

最後にお化粧ですが、

普段はしないという人でも、改まった場ではルール違反だととらえる大人もいますので、

身だしなみの一つですし、

化粧してないと顔色も悪く、印象もよくない感じにみえます。

服装や会場に合わせた上品で明るいお化粧をした方が良いですね。

 

顔合わせは第一印象も大切です。

 

ただし、ラメの入ったアイシャドウやエクステンションは

けばくなってしまいますので避けておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

あなたの考えは間違っていなかったでしょうか?

もし知らないことがあったのでしたら、本番までに服やお化粧を合わせ、

シミュレーションしておくと良いですね。

 

顔合わせは結婚への第一歩といってもいいでしょう。

結婚すれば、両方の家族が親戚ともなります。

これからの人生のことを考えて、

まずは悪い印象を与えるのではなく、

お互いが気持ちよく、

良い印象を与え、幸せをつかんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました