エール 朝ドラ 再開は梅ちゃんと五郎の恋物語でした

ドラマ
スポンサーリンク

エール 朝ドラ 再開は梅ちゃんと五郎の恋物語でした

朝ドラのエール、コロナで撮影が中断されていたこともあり、
6月末から新しい話がすすまなく一時中断をしていました。

その間は、今までの朝ドラのエールの話を再放送していましたね。

6月のエールが中断するまでの話はというと・・・・

祐一は、コロンブスレコードのディレクターの
廿日市 誉(下の名前は誉っていうんですね・・・)から
新人歌手のデビュー曲の作曲を頼まれます。

新人歌手発掘オーディションの話を聞いた祐一は久志の応募を勧め、
音のかつての歌の先生であるミュージックティーチャー御手洗も
オーディションを受けにやってきます。

そしてこの二人のライバルの火花が散りましたね。。。
その時のやり取りがものすごく面白かったです。

結局は久志が研究生として採用されることになります。

久志は祐一の家でご飯を食べている時に、祐一の弟子志望の男がやってくる
ところで終わっていました。

スポンサーリンク

エール 朝ドラ 第14週「弟子がやって来た」

古山祐一の家に突然、田ノ上五郎という男の人がやってきて、
作曲家になりたくて、弟子にしてくださいと祐一にいうのでした。

はじめは断っていましたが、毎日毎日やってくるので、
結局は古山家で暮らすことになります。

そして音の妹の梅も文学の新人賞をとり、執筆活動をするために
東京の音の家に住むことになります。

五郎は作曲家の修行をしたり、梅の授賞式の撮影をしに行ったりしています。
梅の同級生の幸文子の態度や、作品よりも容姿というような周りの人たち。
東京という場所が考えていたところと違うなと思い始めてた。
そんな時に優しくしてくれたのが五郎でした。

梅は自分には文学しかなかったのでそれ以外はとりえがなく、
つまらない人間だという梅。本当にそう思ってるんですか?という五郎。

梅は自分のことを思っていってくれた五郎のことが気になってきます。

そして久志に相談をするとそれは恋だといわれ、心を裸にしてぶつかるしかない
っていわれるんですよね。

で、梅ちゃんは五郎にむかってまっすぐに好きといいます。
ですが!!五郎は自分に作曲の才能がないのがわかってきて、
祐一に作曲家はあきらめるといい、古山家を出ていきます・・・・

玄関で見送る古山家のみなさん。
はなちゃんが号泣にはもうびっくりですよ!!

梅ちゃんとは言葉も交わさずに去っていきます。

それから梅ちゃんは五郎を探し回るんですよね・・・
そんなとこおらんやろ!っていうようなところのぞいたりしながら・・・・

そして五郎を見つける梅ちゃん、


梅ちゃんは豊橋に五郎を連れて帰ることにしました。

梅ちゃん、実家の馬具やさんで修業をして継がそうとしていたんですね。。。

しっかり考えています!!

スポンサーリンク

朝ドラ エール 梅ちゃん役は森七菜さんです。

朝ドラのエールの梅ちゃんの恋物語がもう素敵でした。
梅ちゃん役をされているのが森七菜さんです。

黒い眼鏡がものすごく似合っています。

森七菜さんは中学3年の時にスカウトされました。

Amazonプライム・ビデオの東京ヴァンパイアホテルで女優デビューをします。
その後、心が叫びたがってるんだの映画に出演、
先に生まれただけの僕でドラマに出演とオーディションにどんどん勝ち抜いていきます。

新海誠のアニメの映画天気の子ではヒロインの声も務めました。

そういえば、エールの梅ちゃんの子供時代の子役さんって新海 誠監督の
娘さんの新津ちせさんですよね。。。

そんなところで新海つながり???

デビューしてから数年なのにすごい飛躍的な大活躍の女優さんですよね。

これからも楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました