半沢直樹の永田宏の山西惇さん、丸岡商工の丸岡社長の粟根まことさんよかったです

ドラマ
スポンサーリンク

半沢直樹の永田宏の山西惇さん、丸岡商工の丸岡社長の粟根まことさんよかったです

半沢直樹の第5話、みました。
帝国国空編ですね。

帝国航空の経営再建をすることになった半沢直樹です。

そこには永田議員、永田兄弟の弟永田宏がでていましたね。

この永田宏がまたワルでですね、
半沢が作った再建案が流出をするんです。そしてその犯人が永田宏ではないかと。

半沢直樹と永田宏が対峙するシーンが第5話の見どころでもありましたね。

半沢は永田宏に「お兄さんの力を自分の力だと思い込んでる」
そして畳みかけるように「まるで赤ん坊・・・あなたおいくつですか?」と。。。

そこで永田が近寄ろうとすると・・・
「それ以上、近づかないでいただきたい!」っと。。。

ソーシャルディスタンスだなと次の日話題になりましたね。

そのあと、永田に向かって「あなたは腐った肉の匂いがする・・・」
といいますよ。

腐った肉の匂いって私嗅いだことないのですけどやっぱり臭いんでしょうね。。。。

山西惇さん、よかったです!!!
久しぶりにみた感じだったんですけど、そういえば真田丸にもでてましたよね。


 

あの時も堺雅人と対決されていましたっけ???

スポンサーリンク

半沢直樹の山西惇さんは、真田丸や相棒にも出演されていました。

第5話で半沢直樹にやられちまった、永田宏を演じていた山西惇さんですが、
真田丸にも出演をしていましたよね。

大河ドラマの真田丸では北条家の重臣で、北条氏政と氏直を支えている板部岡江雪斎を
演じられていました。

堺雅人や近藤正臣とも議論で対決をするというシーンがありました。
それも当時話題になっていましたよね。

あの時には、撮影の前には雑談などもしなかったらしく、いけすかない役を演じようと
思って演技をされたのだとか。

半沢直樹といい、真田丸といい、ちょっと嫌な感じの役まわりな山西惇さんですが、
それもすごくいい感じにこなされていて素敵だなと思いました。

相棒ではいつもパンダの湯呑をもって暇か?っていってますよね。。。

山西惇さんはそとばこまちという劇団にいらっしゃった役者さんですよね。
そとまこまちといえば、京大の劇団でしたよね。頭がいいのですね。

そういえば、生瀬勝久が座長をされていた時期もありましたね。
辰巳拓郎も座長だったんですよね。

私も1度そとばこまちのお芝居を見に行ったことがありました。

スポンサーリンク

半沢直樹2 、丸岡商工の丸岡社長は粟根まことさんでした。

半沢直樹の第5話で、半沢直樹が探し回っていた丸岡商工の丸岡社長、
ちょっとクセある感じでしたよね。。。

丸岡社長役を演じられていたのが粟根まことさんでした。

テレビで見て、あっ!なんかひさしぶり!!って思ってしまいました。

ハイヤー?タクシー?に丸岡社長が乗り込んだときに、
半沢直樹も乗り込んできて・・・・そしてなんやかんやで攻められて
丸岡社長が反対の扉を開けて逃げようとするとなんとどこにいたのか
グレートキャプテンが入ってきて、丸岡社長は逃げられなくて、
吐けーと半沢に言われてはいてしまう丸岡。

この車内でのシーンは小型カメラでワンカットなったそうですよ。

さすが、あの役者さんたちだからできた緊迫シーンでしたよね。

粟根まことさんといえば劇団☆新感線の方ですよね。。。


古田新太や橋本じゅんさんのいた劇団ですよね。

テレビでは久しぶりに粟根まことさんをみれて、そして山西惇さんもみれて、
関西の劇団の方々が半沢直樹でみれてすごくうれしかった第5話でした。

今後も色んな所で見れたらうれしいのになと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました