半沢直樹 株価ボードと大和田常務の投げたスマホ(携帯)が話題です。

エンタメ
スポンサーリンク

半沢直樹 株価ボードと大和田常務の投げたスマホ(携帯)が話題です。

TBSの日曜のドラマ、半沢直樹がはじまりました。
待ってました!!やっとですね。。

第1回からものすごく楽しめたドラマだったんですけど、
ドラマの内容以外にも盛り上がりがたくさんの半沢直樹のドラマです。

前回から7年ぶりの続編だったんですね。

初回の視聴率も22パーセントだったそうです。

ドラマの本題とは違った話題を集めてみました。

スポンサーリンク

半沢直樹の証券会社での株価ボード

半沢直樹は東京セントラル証券という証券会社に出向をしています。

東京セントラル証券がドラマの舞台となって話が進んでいくのですが、
その中で、株価が表示されているボードがあるんですよね。

そこの画面にはいろんな会社の株価が表示をされている電光掲示板がありました。
その掲示板に表示されているのが、
池井戸潤さんの原作のドラマが色々とありましたが、
ドラマにでてくる会社名と株価が表示されています。

細かい演出がうれしいですね。。

そういうドラマの細かいところをみつけるのも半沢直樹の楽しみにもなるかもしれません。

半沢直樹が部下である三木のことを問い詰める場面。
東京セントラル証券の社内でしたが、そこに表示されていたのが、

佃製作所 525 +7 と表示をされていました。
トキワ自動車 というのもありました。

佃製作所は下町ロケットで主人公の阿部寛の会社ですね。

トキワ自動車はノーサイドゲームで大泉洋が勤めていた会社です。

その他にもドラマの中で株価の会社名が表示されていたのは。

アトランティス  ケーマシナリー ダイワ食品 青島製作所 ヤマタニ

なども出てきました。

アトランティスは小藪とかのいたこはぜやのライバルの会社でしたね。
ダイワ食品は竹内涼真が所属していた実業団の会社でした。

ケーマシナリーは下町ロケットで出てきたアメリカに親会社を持っていた
大手のトランスミッションメーカーでした。

ヤマタニは 下町ロケットで出てくる農機具メーカーです。

青島製作所はルーズヴェルトゲームの廃部寸前の野球部があった会社です。

その他の会社の表示は、
鳴海デパート 山王機材  JTSスチール などの会社名もありました。

鳴海デパートや山王機材という会社名もでてきましたが
池井戸潤のドラマでは出てこなかったかなあと思います。

スポンサーリンク

大和田常務の投げたスマホ(携帯)はどうやって取り戻した?

半沢直樹の1話の最後の方、大和田常務が会議室の大きなテーブル
の場所でスマホで話をしていました。

「そうですか、半沢君が動き出しましたか。
ご報告どうも・・・」
と携帯で話をしてました。電話での話が終わった途端、会議室の巨大なテーブルの上に
スマートフォンを放り投げます。
そのスマホがですね、テーブルの真ん中の方にいっちゃうんですね。

テーブルが大きすぎて、あのあと大和田常務はどうやってスマホを取り戻すのか?

これがネットでかなりの話題になっていました。大喜利のように・・・

マジックハンドで回収?

テーブルクロス引きをして見事に取り戻す

長い棒をどこかからもってきてとる

ムカデのポーズで取り戻す!
いや、カマキリで取り戻す!

ご自慢の網で取り戻す

などいろんな意見が出ていましたね。

大和田常務あのあとどうしたんだろうね???
想像するとわらける・・・・

公式ツイッターにもこの大和田常務のスマホの行方についてありました。

半沢直樹の今後も楽しみです。

市川猿之助もよかったんですけどね・・・
私は古田新太が昔から好きなので古田新太に注目してしまいます。

香川照之、市川猿之助のあの演技にどうやって立ち向かうのか
楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました