エール バンブーのママもコーヒーカップもかわいいです

連続テレビ小説
スポンサーリンク

エール バンブーのママもコーヒーカップもかわいいです

NHK連続テレビ小説 朝ドラのエールを毎朝楽しく見ています。
ここ最近、私が注目してみてしまうのは古山祐一と音の夫婦の住む家の
すぐ近くの喫茶店バンブーを営むマスターの奥さんの梶取恵

この人が出てくるとお腹から笑ってしまいます。

喫茶バンブーは古山祐一が友達と会ったり、時には作曲をしたり、
またこのバンブーで祐一の福島のおさななじみであった佐藤久志と出会ったりもします。

バンブーは朝ドラ出演者たちの憩いの場にもなっています。
そして、ここで出されるコーヒーカップが竹バンブーの形なんです。
めっちゃ可愛いです!まさに喫茶バンブーですね。

あのコーヒーカップがほしいなと思ってしまいます。
売ってくれたらいいのにな・・・

スポンサーリンク

喫茶バンブーの店主 梶取保 梶取恵夫妻とは?

喫茶バンブーはマスターの梶取保とママは梶取恵が夫婦で営業してる喫茶店です。
梶取保役は野間口徹さんが、梶取恵役は仲里依紗さんが演じられています。
この二人が出てくるとネットでも話題になるんです。
おもしろいんですよね。大注目してしまいます。

そしてこの夫婦、音と祐一の相談相手に一役かっています。
そういうこともあり、バンブーで繰り広げられるドラマの内容は
とてもホッとさせるシーンが数多くあります。

喫茶バンブーで梶取夫妻がオペラを熱演!

喫茶バンブーでは音が記念公演の演目でもある椿姫について悩んでいました。
というのもオペラ歌手の環に何が伝えたいのかわからないといわれたのです。
悩む音の話をバンブーできいていた久志。その久志がパチンと指を鳴らすと・・・

なんと喫茶バンブーがオペラの舞台に!!
そして、あの梶取夫婦がオペラ歌手に!!
仲里依紗さん、ドレスも着てますよ。ヴィオレッタ役をやっていますよ!!
野間口徹が相手役になって、椿姫を演じきっています。

オーバーアクションな仲里依紗の椿姫、最高でした
なぜか赤い袖幕もあって、
で夫婦が演じる小芝居の中で舞台が変わるたびになぜか出てきた袖の幕に
おのずと隠れるんですよね。その動作がおもしろくて・・・

スポンサーリンク

喫茶バンブーの梶取恵の過去が明らかに・・・

喫茶バンブーでは音と祐一は何かあるとバンブー夫妻に相談したりします。
そのバンブーで時々急にしゃべりだす梶取恵の自分の過去・・・
誰がきいてなくても話しだします。そして止めることもできないくらいに
しゃべりきります。

その恵の過去がなんといってもミステリアスです。
今までに出てきた恵のミステリアスな過去を紹介しましょう

梶取恵がいきなりしゃべりだすという最初の場面が、
祐一と一緒に入社した作曲家の木枯くん、この人いい人なんですよね。。。
でも最初は同じ作曲家の新人同士でともすればライバルです。

そんなライバルの存在をバンブーのマスターたちに話をしていると
恵さん、急に口を開きます。
それがなんと昔の男のことでした。
最初の旦那は幼なじみに取られた!!
ライバルがいる人生も悪くないわ!!
っていいます。
びっくりしてたのは梶取保ですよ。最初の夫????
オレ、二人目の旦那??
みたいな感じでしたよね。
まさか、妻が再婚だったなんてって感じの驚き様でした。

新婚生活を送る祐一ですが、音の作る味噌汁が毎日八丁味噌でちょっと飽きてきた
みたいな話をしていました。
するとまたやってきました、恵ちゃん劇場。。。
「八丁味噌かぁ。。。。味噌まんじゅうをよく届けに行ったなあ、網走に。。。。」
って網走ですか!!網走ってことは刑務所ですか???
網走刑務所に入ってた男に八丁味噌のまんじゅうを作って届けにいってたんですか・・・・
そして網走刑務所の男とは涙で別れたらしいです。

何をして捕まった男と恵さんは付き合ってたんでしょうか。謎です!!

次の恵劇場は・・・
明かされた梶取恵の学歴です!!

祐一が早稲田大学の応援団の歌を作るということで、作曲をする間に、
早稲田の応援団たちは喫茶バンブーで待機をしていました。
そこにライバルである慶応義塾大学の応援団長がやってきて、
早稲田の応援団長をあおります。
そのとき、恵の登場です!!
「思い出すわ、私がオックスフォード大学で法律を学んでいた時のこと・・・」
って話し始めます、それから模擬裁判の思い出を語るのでした。。。。
誰にも負ける気はしなかった。そんなときにあらわれたのよ、底抜けのバカが・・・
といったと思うと、慶応の応援団長にむかって、
あなた負けるわよ・・・と。そのあと、早稲田の応援団をみて、
この人たち、底抜けのバカだから。。。と。
言い放ったのでした!!

恵さん、オックスフォード大学にいてたのですね。。。
模擬裁判ということは弁護士とか目指していたのかしら・・・・

そのあとですよ。
バンブーで椿姫のオペラのコント?寸劇?を演じていたあとにいった
恵のひとこと!

「思い出すわ。旅芸人だった時のこと・・・」

とまたまた言いました!恵の過去がまた一つ明かされました。

旅芸人だったそうです。

すごい遍歴をもつ恵さんです。

以上の数々の過去を勝手に合わせてみると・・・

梶取恵は・・・・
オックスフォード大学で法律を学び、そして旅芸人となる。
その後つきあった男は何かがあり捕まってしまい網走刑務所に入る。
差し入れに味噌まんじゅうを持っていくも、この男とは涙でお別れ。
そして、結婚をするが、幼なじみのライバルに男を奪われて離婚。
それから現在の夫である保と結婚しバンブーの喫茶店をする。

こんな感じの人生なんですかね。恵さん。
波乱万丈です
でも今後もなんか過去がでてくる気がするんですよね・・・
楽しみです

コメント

タイトルとURLをコピーしました