4月22日、23日のエール あらすじと感想 ネタバレもあるかも?

エンタメ
スポンサーリンク

4月22日、23日のエール あらすじと感想

NHKの朝ドラ エール 鉄男から国際作曲コンクールというのがあるので
応募してみればと言われた祐一でした。

世界音楽という雑誌に作曲コンクールの記事が載っていたんですね。
それを鉄男がみて祐一に知らせるんです。

そのコンクールは祐一が好きであったストラヴィンスキーが審査員でもあります。

一方、銀行の行員たちは祐一を元気づけたくて、

ハーモニカを吹いたりして
音楽が好きならコンクールに応募するように背中を押します。

そこでやっと祐一が笑顔を見せます。

そして作曲をしようと取り掛かるのですが・・・
なかなか進まないでいました。

作曲がなかなか進まない祐一をみて、銀行の行員たちが会議
を開いてくれます。とりとめのない話をしていてもう終わろうかという
ことになったり外に出てみるときれいな満月が見れました。

みんなで満月をみていると、竹取物語の和歌を鉄男が口にします。
さすが詩人、鉄男です。

その鉄男の和歌?をきいた祐一はこれだ!!!と思いつきます。

祐一は竹取物語をテーマにした日本古来のメロディーを取り入れた曲を
作ろうと思いついたのです。

これが今までのあらすじです。

スポンサーリンク

4月22日、23日のエール あらすじ

竹取物語をテーマ?にした作曲をコンクールに応募した祐一でしたが、
国際作曲コンクールの結果は・・・・

ジャーン!!見事に入賞です!!やったね祐一!!

そんな国際作曲コンクールの入賞すると
イギリスへの留学と、その費用を全部免除されるというすごいものです。

すごいです!祐一!

でも権藤家に養子に入らなければなりません。
あの茂兵衛が許してくれるはずがないでしょう!!!

悩んだ祐一は学校時代の恩師の先生である藤
堂に手紙を書き、相談することにしました。

藤堂はコンクールの入賞をとてもとても喜んでくれました。
そして祐一の現状をきき、音楽家家族か難しいな・・・と。。

先生ならどうするかときく祐一に藤堂先生は
「天から授かった宝物はどぶには捨てない」
そして自分の人生を生きると祐一に語りました。

そして別れ際に祐一は藤堂先生に
コンクールで入賞したことはくれぐれもまだ誰にも内密にしてほしいというのです。

ですが・・・・

銀行の支店長が祐一に新聞を差し出して、「やったな!!おめでとう!!」といいます。

新聞をみると・・・
福島の無名の青年が国際コンクールに入賞!!という記事が!

藤堂先生、言っちゃうんですよね・・・
鉄男に。新聞記者の鉄男は記事にしちゃったみたいですね。

一方、豊橋の関内音のところでは、コンクール入賞の記事を見た音が
祐一にファンレターを書くといいます。

そしてそのファンレターが祐一の元に届くんです。

ファンレターの返事が来るかな来るかなとポストの前で待ちわびる音ちゃん。

諦めかけていたころ、祐一からの手紙が。
好きな詩と音域を教えていただけたらあなたのために曲を作ると・・・

音めっちゃ喜びます。

そして妹の梅に選んでもらった詩を祐一に送るのでした。

音からの手紙を見る祐一。すてきな詩だと感動します。

そんな様子を見ていた茂兵衛さん。
「留学は許さんからな!」と、そして今後は私が父親だ。祐一は権藤家の跡取りだ
と祐一に言います。

留学の夢が遠のく祐一です。

父、三郎と居酒屋で話をする祐一ですが、すまないという父に、

祐一は期待してなかったから大丈夫と。

そして音からの手紙のことを話すのです。

彼女だけが僕の音楽に興味を持ってくれたと・・・

あったこともない音に思いがつのっていく祐一です。恋ですね・・・

そして色々あり、古山家には・・・父の三郎のもとになんかとんでもない知らせが・・・
つづくです。

スポンサーリンク

4月22日、23日の朝ドラ エール 感想です。

見事にコンクールに入賞した祐一おめでとうですね。
このコンクールに応募した祐一の本心は、音楽の道を断ち切るため?
これを最後にしようとしていたようなんですね。

でも見事に入賞しちゃいました。

そして祐一の音楽への道がすこしずつ開いていくのでしょうか??
でも大きな障害が茂兵衛という大きなのがあるんですよね。

家族のことも大切だし。

恩師である藤堂先生ですが、久しぶりに出てきました。
全然変わっていないです藤堂先生。

そして祐一の入賞がうれしすぎたのか、くれぐれも内密にしておいてくれというのに
言っちゃった!!
いうやろうとは思ってましたがやっぱり言いましたよ。
しかも丁寧に新聞記事にもなって、世間にも知れ渡りました。

まあ、そんなことがあったので音との出会いも生まれるんだろうけど・・・

藤堂先生はこうなることがわかって言ってもうたんでしょうか鉄男に・・・

音楽の道への夢がまた大きくなる祐一ですがどうなるのかな。

そしてそして、出てきましたよ御手洗先生。
音の歌の先生。
いい味だしてます!!!

先生とよばないで、私はミュージックティーチャーという
ミュージックティ くらいで初めの音楽がはじまっちゃいましたね。

きっと御手洗先生はチャーまで言わせて!!と思ってたでしょう。。。

とてもとても気になる御手洗です。

ファンレターの返事がこない音をみて期待しちゃだめよ。
と諭します

御手洗先生役は古川雄大さん。

頭から離れない役です。もっと出番があってほしいです。

これからまたエールをみる楽しみが増えたかな。

あと気になるのは梅ちゃんですね。
大きくなっても黒ぶち眼鏡、かわいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました