朝ドラ エールの先生役は?

スポンサーリンク

朝ドラ エールの先生役は?

NHK連続テレビ小説のエールを毎朝楽しく見ています。
現在は、主人公の古山祐一も大きくなり、子役の石田星空(いしだせら)君から、
窪田正孝さんになっています。

祐一の子供時代はいじめっ子にいじめられたり、
先生にきつく言われたりというような子供時代だったんですけど、
音楽に出会うんです。

祐一が音楽に出会うきっかけになったのが学校の先生なんですね。
子供の時に、祐一の才能をみつけ、伸ばそうとしてあげた
その先生の役は誰でしょうか?

スポンサーリンク

朝ドラ エール 古山祐一の恩師の先生は?

朝ドラエールの古山祐一の恩師でもある先生の役を演じたのは
森山直太朗さんです。

先生の名前は藤堂清晴(とうどうきよはる)
騎馬戦の授業中にうまくできなかった祐一を殴ろうとした厳しい先生を
制し、助けてくれたのが藤堂清晴先生です。

この先生は子供たちに作曲をしてみようといい、
その時に、祐一の音楽の才能に気づきます。

そして藤堂先生は祐一に
「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単にできること、
それがあなたの得意なものだ。それが見つかれば、しがみつけ。必ず道は開く」

というような言葉をかけます。

祐一にとって人よりほんの少し努力がつらくなくて、ほんの少し簡単にできること
というのが音楽、作曲だったんですね。

そこからの祐一は学校でも詩をかいた人に曲を作って歌にしたりしていきます。

この藤堂先生との出会い、そして言葉が祐一の人生を一変させるんですね。

それからというものの、祐一は音楽の勉強を独学で続けていきます。

あと、詩が書くことが好きだった幼なじみの村野鉄男が働かなければならず、
父親に詩なんか書くな!などと言われたときに、
先生から言われたこの言葉を鉄男にも言うんですよね。
しがみつけ。必ず道は開けると・・・・

祐一にとっては藤堂先生との出会いがとてもよかったんですね。

子供時代の祐一をみていてうちの子供もよく似たところがあるなあって思っていたんです。
藤堂先生のような素敵な先生や大人の方との出会いがあればいいのになって
思ってしまいます。

今のところそんな出会いがないので藤堂先生の言葉を子供に言ってみよっかと・・・

スポンサーリンク

朝ドラ エールに出てきた音の歌の先生 御手洗清太郎はだれ?

朝ドラのエールいよいよ4週目というところで出てきましたよ!
とっても気になる人!!!

関内音の歌の先生である御手洗清太郎(みたらい きよたろう)
音に歌を教えているドイツに留学経験のあるという歌の先生です。

強烈なキャラ?なんとちょっとオネエキャラ?なんですよね。
大正時代にもそんな人がいたんだろうか???

出てきた瞬間に気になるーーーー人でした。

そんな御手洗清太郎(みたらい きよたろう)を演じている役者さんは
古川雄大(ふるかわゆうた)さんです。

古川雄太さんについて少しご紹介します

生年月日は1987年7月9日の32歳
長野県出身の俳優・歌手

出演していたテレビドラマは・・・

風魔の小次郎
新撰組 PEACE MAKER
下町ロケット ヤタガラス編 吉井浩 役
トップナイフ-天才脳外科医の条件-

舞台では。

ミュージカル テニスの王子様 – 4代目 不二周助 役
風魔の小次郎 舞台版
ミュージカル ロミオ&ジュリエット – ロミオ 役
ミュージカル エリザベート

古川雄太さんはミュージカル俳優さんでもあるんですね。

なのでエールでも音の歌の先生の役をしているんですね。

過去の出演作品でとても気になったのが下町ロケットです。
古川雄太さん出てたかな??って思い調べてみました。

すると、古川雄太さんのしていた役は農林協のイケメンだけど嫌な人
の役をされていました。
地元の大農家の息子で人に対して見下した態度をとるヤツ。
そして殿村に嫌がらせをする人です。

あー、いたいた!下町ロケットでめっちゃヤナやつの人。
あの人が古川雄太さんだったんですね。

あのね、この人なんだか知らないですが強烈に印象に残る役を演じますね。

エールでは見た瞬間にくぎ付けされちゃいました!!
面白くて。
音に先生と言われるのが嫌で
先生とよばないで!っていうって音がでは何と呼べばいいんですか?
って聞いたらミュージックティーチャー
っていいましたね。

テレビの前で「それ、先生やん!!」ってツッコんでしまいましたわ。

今後のエールでの出演も大注目ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました