12月12日 スカーレット 朝ドラ あらすじと感想

エンタメ
Lebemaja / Pixabay
スポンサーリンク

12月12日 スカーレットあらすじと感想

Lebemaja / Pixabay

スポンサーリンク

12月12日 朝ドラ スカーレットのあらすじ

今日は照子の子供の誕生でした!
昨日、陣痛で産気づき、意外にもはじめての出産なのに
安産で照子の赤ちゃんが生まれてから喜美子は家に帰ってきたのでした。

ちなみに照子の子供は女の子でした。

喜美子も立ち会ったというてましたね。。。
八郎さんは何してたんだろう??
赤ちゃん生まれるの待ってたのかな?

そして川原家に喜美子と八郎と二人で帰ってきました。

八郎が帰ろうとしますが常治は帰らせたがらずに、
やっとのことで八郎は家に上がることができました。

そして八郎の話になりますが・・・・

兄弟の8番目なので八郎と名付けた両親はどうしてるのかと常治が
問うと父もなくなり、母もなくなったと。

それから八郎さんの兄弟の話になりましたね。
八郎さんはお姉さんが(何番目か忘れたけど)お母さんがわりになって、
育てられたのですね。

八郎さんも色々と苦労をして生きてこられたんでしょうね。

家宝にしていた絵を売って卵に変えたというのもすごく苦労したからだったんでしょう。

それから、父、常治です。
常治はマツと結婚するのにマツの親に反対されて駆け落ちをした。
橋の下で二人で寝たこともあった。

そしてマツのことを幸せにしたい、白いブランコのある家に住んでお金持ちになりたい
そんな夢をかなえてあげられへんかったみたいなこというてましたね。

そして八郎の陶芸家になるという夢はもたないでくれと言い放ちました。
八郎に・・・

どうするんだろう八郎

って感じで今日のドラマはおわりです。

スポンサーリンク

今日のスカーレットの感想です

今日は面白かったですね一段と。
常治はなんだかんだいって子供が大切なんですね。
喜美子が幸せになってほしいという思いはあるんですが・・・
それゆえに、大きな夢をもつ人の夢を諦めさそうとしちゃうんですね。

いやいや、常治の夢と八郎の夢とはちょっと違うぞ!
堅実に生きていくということがいいというのはわからんでもないけど・・・

あの今日の私の一番の注目ポイントは毎度あるちゃぶ台返しです
あのね、家上がるときに部屋にポツンとちゃぶ台があるのが映ったんですよ

あっ、これ、ちゃぶ台返し来るなーと思いましたね。

マツはお腹すいてるからなんか食べるか?と聞きましたが
常治がこんな大事な時に食べながらなんて、いうのでマツはお茶を持ってくるんですよ。

で、そのお茶を喜美子と八郎の湯呑をちゃぶ台に置きました。
そして常治が話をします。

それから話してるなかの展開でマツがそっとちゃぶ台においてた湯呑をお盆の上に置くんですよ。

あれ?湯呑みさげたけどもうお茶飲んだんかな?って思ってたら・・・・

常治のちゃぶ台返しですわ。それを阻止しようとする喜美子そして八郎も一緒に・・・

八郎、どんどん常治と川原家に慣れていっとるな!ちゃぶ台返し阻止するなんて!!

マツさんのもうすぐくるから湯呑みさげとこっ!いう感じのもおもしろくて
今日一番ツボにはまって笑ってしまいました。

あとはジョージの夢の話ですね。白いブランコのある家に住まわせたかった!!
マツはそんなんゆうてへんてぽろっと聞こえた気が。

このジョージにはマツのようなちょっと天然入った感じの人がやっぱりお似合いなんですね。

さてさて、陶芸家の夢をあきらめろといわれた八郎
明日はどうなるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました