11月25日 朝ドラ スカーレット 八郎さんいいね!!

エンタメ
Lebemaja / Pixabay
スポンサーリンク

11月25日 朝ドラ スカーレット あらすじと感想

Lebemaja / Pixabay

 

スポンサーリンク

11月25日のあらすじ

11月25日のNHK連続テレビ小説 スカーレット
今週もはじまりましたね。

先週に八郎が幼いころに、家族が家宝として大事にしていた
フカ先生の絵を売って、お米と卵2個を買い、おいしく食べたという
話をきいていた喜美子。

その時に売ってしまった絵が鳥が2匹飛んでいて、光がさしていて
というのを聞き、喜美子は衝動的?に絵を描きます。

その絵を八郎に渡そうかどうかなど考えてたのか?考えてなかったのか?
夜中まで絵を描きました。

そして、その絵をもって丸熊陶業にいきます。
すると丸熊陶業の食堂?ではフカ先生がいはりました。
八郎に売った絵はこんなんやったかな?とフカ先生が描いてきた絵を
いただくのです。

その後、やかんを八郎が持っていくのですが、
そのことについて喜美子が八郎にこれからはやらないでください。
これは私の仕事です。一度やってもらうと次も次もと期待してしまうかもしれない。
甘えてしまうといけないので私の仕事なのでこれからはしないでくださいと。

なんか、仕事に対する喜美子の考えがこんな小さなところにもでているのかと
感心してしまいました。
きっとこれは荒木荘で大久保さんに教わったことも喜美子の中にあるんでしょうね。

そして次です。まだ八郎に言いたいことが・・・・
昨日の夜に描いたフカ先生の絵を想像で描いてみたという鳥2匹とんでて
光がさしてある絵。それを八郎に見せるんですよね。

その絵をみた八郎、うれしく思ったみたいです。
そして貴美子は八郎に絵を渡すことができました。

その後ですよ。急展開。
なんと丸熊陶業の社長が倒れて、急に亡くなるんです。
もうね、、、びっくりです!!

喜美子の父の常治たちもびっくりですよ。
家族だけで葬儀をするというので常治たちどうするのかとかね
相談しにいかはりました。

今後、丸熊陶業はどうなっていくのでしょうか?
娘婿が社長になるのだろうけど改革派みたいな感じの人ですよね。
丸熊陶業もどんどん方針転換されていくのでしょうね。

スポンサーリンク

今日の感想

今日はもう、八郎と喜美子ですよ。
この二人きっと仲良くなるんでしょうよね。。。。
そんな予感がしましたよね。。。。

うちの子供もいうてましたよ。

八郎さん、フカ先生に絵をもらったにもかかわらず、
喜美子の描いた絵に感激?してか喜美子の絵も受け取るんです。
しかも喜美子にはフカ先生には絵をもらったことを言わずに。

なんかそういうところがやさしいですよね。
真面目だし。

喜美子もね、もろてくれるん?とかいうってたような気がします。
もろてくれると思ってなかったのかな?
渡そうとも思ってなかったのかな?

でも受け取ってもらえてよかったですよね

今後のこの二人が楽しみです。
やっぱり恋愛に発展するのかな???どうなのかな???
私は喜美子は八郎さんみたいな人がいいなと思います。

えっと、喜美子が前に好きだった、
荒木荘にいた医大生の圭介さんよりは八郎の方がよかったですよね。
圭介さんは結局見た目重視で女の子と付き合いちょっと女を見る目ないなあ・・・・
って思っていたので。

それからびっくり仰天したのは社長の突然の死ですよ。

nobuちゃん
nobuちゃん

そんな急に!しかも月曜日に!!死んでしまうのかい!!
普通、土曜日とかちゃうんかい!!

って思いました。

丸熊陶業やフカ先生もどうなっていくのでしょうか???

コメント

タイトルとURLをコピーしました