11月15日の朝ドラ スカーレットのあらすじ。フカ先生の深いイイ話

エンタメ
Lebemaja / Pixabay
スポンサーリンク

11月15日 朝ドラ スカーレット 深先生の話が深い深いいい話でした

Lebemaja / Pixabay

スポンサーリンク

11月15日の連続テレビ小説 スカーレットのあらすじ

今日の朝ドラスカーレットはもう、深先生一色でした。

絵付けの深先生のお話を、喜美子が母や妹たちに話をします。
おはぎを食べながら・・・・

その絵付けの深先生は、いつも火鉢に絵を描くときに
なんかつぶやいたり奇声のような声を出したりして描いているので
後ろから見たりしてると奇妙な光景なんですね。

弟子の1番、2番も朝に深先生が絵を描くときには近寄らないほうがいいと
喜美子に教えるのですが・・・・

喜美子は家族に深先生の絵付けをしてる時の顔真似をします。
泣いてるような怒ってるような笑っているようなそんな顔なんです。

で、深先生のその表情は笑っているんです。笑いながら絵付けをしています。
それはなぜかという話をふかせんせいは喜美子に話をしてくれたんですね。

深先生が幼いころ、絵を描くのが好きで、お腹いっぱいご飯が食べたいと思ったら、
お茶碗にいっぱいのご飯の絵を描き、山に行きたいなーと言ったら山の絵を描いて、
両親を喜ばせていたそうです。

そして日本画家になりますがまもなく戦争がはじまり、深先生も従軍画家となりました。
戦争の悲惨さを絵を描くことをしていましたが
それがトラウマになって絵を描くのをやめていたそうです。

ですが、火鉢に絵が描いてあるのをみるんですね。
ただの火鉢なのに、そこに絵など本当はいらないのに絵が描いてあるのをみたとき、
戦争が終わり、平和な世の中になったのだなと感じ、幸せを感じたそうです。

そして火鉢の絵付けになられたんですね。

それから、フカ先生は喜美子に絵付けをしたいのか、絵付師になりたいのかと尋ねました。
私もこの真意はわからなかったのですが・・・
マツは「遊びか仕事か?」と考え、直子は「お金になるかならんか」と答え、
喜美子は「覚悟があるかないか」と考えたようですね。

それからフカ先生は喜美子に
「負けたらあかん、何かやろうと思った時に、お金がないことに気持ちが負けたらあかん」
と言われました・・・・

それからですよ。酔っぱらい常治が出てきましたよ。
そしてその横にいるのがなんとフカ先生!!!

おもろいおっちゃんやなーとかなんとかいいながら信楽のジョージとフカ先生は
飲んではりました。

そこに、この人は丸熊の絵付けの先生やでと教えられて・・・
ジョージびっくりです!!!

そんなこんなで、今日の朝ドラは深いイイ話でしたね

スポンサーリンク

そして11月15日のNHK連続テレビ小説スカーレットの感想

今日のスカーレットはよかった!!
フカ先生素晴らしいです。イッセー尾形素晴らしいです
胸にジーンときましたよ。

戸田恵梨香とイッセー尾形の二人のやりとり。いいですね。。。。
ええよーというフカ先生の言葉がまたええねんな。

喜美子が深先生の顔真似したでしょ。
なんかほんまに似ててワロタ。
イッセー尾形と戸田恵梨香似てるんかな?

フカ先生の話ですが、戦争で傷ついた自分の心を癒してくれたのが火鉢の絵だったなんて・・・
だから、また絵を描くようになった。
すごいですね。
今の世の中は幸せがあふれていてなんかそういうことに平和を感じる、幸せを感じる
ということが少なくなってきてる気がしますよね。

そしてそして、深先生のあのやりたいことに対してお金がないことに負けたらあかん
っていうところ・・・よかったです!!!

nobuちゃん
nobuちゃん

ほんまや、その通りや!!ええこというはフカ先生!!
深ーい深ーい!!のボタンあったらめっちゃ押すで!!!!

やりたいことにお金にないという気持ちが負けたらあかんのですね。

 

nobuちゃん
nobuちゃん

胸に刻んどこ!!
子供が大きくなったらゆうたろ・・・・

お金ないのあんたのせいや!いわれそうやけど・・・・

 

そして常治とフカ先生ご対面!!!

さあ、信楽のジョージは絵付けの先生やときいてどうでるのでしょうか?
また一波乱あるようなないような・・・・そんな感じですが。

明日も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました