絵本 だるまさんシリーズの読み聞かせ、あらすじ

絵本
スポンサーリンク

だるまさんシリーズの読み聞かせ、あらすじ

だるまさんが!のだるまさんシリーズの絵本とても有名ですね。
多分、1度はみんな読んだことがあると思います。
私の子供もだるまさんシリーズが好きで、3歳くらいの誕生日にプレゼントで買ってほしいといって、
誕生日プレゼントにしました。

作家はかがくいひろしさんです。とても個性的な絵と楽しい内容の絵本です。
だるまさんシリーズには、
だるまさんが と だるまさんの と だるまさんと
があります。3冊セットでも売っております。

下の子供が1歳くらいの時、保育園で読み聞かせをしてるのをみました。
保育園の先生が1歳くらいの子供たちに読み聞かせていてどの子供もとても楽しそうに絵本をきいてました。
こんなに小さい子でも喜んでみんな一生懸命に聞いていてすごいなと思いました。
保育園の先生の読み方とかもよかったのでしょうね。

それでは1冊ずつ紹介をしていきます。
まず だるまさんの の本です。
だるまさんのーの絵本のあらすじですが、
だるまさんのーめ!とかだるまさんのは!
とか体のパーツを言っていくのですが、この本を読みながら目とか手とかいいながら、
自分の目はどこかな??○○ちゃんの手はどこかなー?
といろいろと覚えていきましたよ。

次に だるまさんと の本です。
だるまさんと は、が、とシリーズとは違い、
だるまさんがーとかのーとかではなく、いちごさんとーとかばななさんとーとか
になるんですよね。
だるまさん以外の登場人物が登場する絵本が「だるまさんと」です。

本をめくった時にだるまさんシリーズなのに、
なんでいちごさん??みたいな感じだったのですが、これはこれで
おもしろいです。
大人の私としては、なんでだるまとくだものやねん???
ってクエスチョンマークがいっぱいつくのですが、子供には関係ないですよね。
いちごさんとかがでてきて読んでいくと楽しいようです。

うちの子供が3冊のシリーズの中で一番好きだったのが、なんといっても
だるまさんが です。

3シリーズの中でも世間的にも一番読まれてるでしょうね。
この本の最後がとてもおもしろいんですよ。
だるまさんがー最後にぷーとするんですよね。
もう、その時には大爆笑です。子供はぷーが好きです!
ぷーだけで喜びます。そして自分でもしますぷーっと。

この本を読んだあとはぷーぷーいうておりました。

だるまさんがーといいながら本と一緒に体をゆらします。
一緒に揺れながら読んであげるととても楽しく読み聞かせができますよ。

そして、もう少し年齢があがると、子供一人でも本を読むようになります。
字が読めるのではなく、絵をみて覚えるんですね。
子供の記憶力半端ないです。
私にもよく読み聞かせてくれました。

だるまさんシリーズは楽しい絵本ですし、赤ちゃんの頃の低年齢のお子さんから楽しく
読むことのできる本なので、知り合いのお子さんへの
プレゼントとしても喜ばれると思います。

 

かがくいひろしさんの絵本

かがくいひろしさんの絵本は読んでいてもとても楽しいですので子供たちに大人気です。
だるまさんシリーズが一番有名ですが、その他にも
おしくらまんじゅう や おもちのきもち などもあります。
私が個人的に好きだったのは もくもくやかん です。

本屋さんでもあまりみかけないので知っている人も少ないとおもうのですが、
このもくもくやんはやかんが主人公なんです。
びっくりしませんか主人公やかんて!

登場人物もやかん、ポット、きゅうすとかで雨をふらすためにがんばる!
っていうお話です。

とてもたのしい絵本なのでだるまさんが大好きな子なら少し年齢があがったら
読んであげるといいかもしれないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました