ぴよちゃんとあそぼシリーズ

絵本
スポンサーリンク

私はこのシリーズを3冊セットのギフトで出産祝いにプレゼントでいただきました。
見た瞬間、「かわいい~」と声に出してしまいました。
本当にかわいいんですよ。いりやまさとしさんという方がイラストを描いていらっしゃるんですね。
ぴよちゃんのふわふわ感がかわいくて子供も大好きな絵本でした。

ぴよちゃんは色んなシリーズがあるのですが、どの本も布がついてる仕掛け絵本になっています。
赤ちゃんにとってはじめてのしかけ絵本です。
布の感触が楽しめる絵本です。
赤ちゃんには手に伝わる感触とかも大切といいますよね。それにはこの絵本は色んな感触が楽しめていいと思います。
わたしがいただいたのは、めくってばぁ と いないいないばあ とふわふわだあれ でした。

いないいないばあは色んな動物が出てきて、いないいないばぁ~とするものです。
次々にいないいないばぁするんですけど、繰り返し子供に読むと一緒にばぁーとやってくれるようになりました。

そしてめくってばぁ~はフェルトの布をめくるとばぁーとかわいい動物たちが現れるという本です。読み聞かせ始めた頃は私が仕掛け部分の布をめくってばぁーとしていましたが、自分でもめくるようになってきます。
はじめはめくるのが難しそうにしていましたが、自分でできるようになると楽しくなるみたいでどんどんとめくっていましたよ。おかげで絵本も所々、ボロボロになってきました。とはいえ、布でできてるので、やぶれることはなく二人目の子供にもしっかりと使えることができました。
布の仕掛け絵本というのは、紙とは違ってやぶれることがあまりないので、比較的雑に扱っても丈夫ですよね。
しかもこのぴよちゃんシリーズの絵本は1ページが分厚くできているので、本当に上部でしたね。二人目の子供も合わせて長年使わせていただきました。

そして3冊目は ふわふわだあれ です。
これはぴよちゃんや色んな動物をさわってる感覚でだれだと当てるような絵本です。
きいろいふわふわだあれ?と穴のあいてるふわふわ部分をさわって、ページをめくるとぴよちゃんがでてきたり、馬の毛のようなのをさわってめくるとうまの尾っぽだったりと赤ちゃんに色んな手触りの感触がわかるという絵本です。

私の2番目の子供はふわふわの触感がすごく好きで、いつも毛布をさわってる子供でしたので、このふわふわだあれ の絵本は3冊の中でも一番大好きでした。
最終的にはヨダレとかでふわふわがザラザラっぽくなってしまってましたけど、それくらい好きだったんですね。

うちの子供たちのはじめての仕掛け絵本のぴよちゃんシリーズでした。
この絵本いただいたのはもうだいぶ以前です。今では音もなるようになってるみたいです。
手の感触と音と二つとも楽しめるのはいいとおもいます。

お出かけの時にもいつももっていっていました。
病院にいくときや電車に乗るときなどはなんとか静かにしておくれーと心の中で祈ってしまいますよね。
そんな時によくこの絵本を読ませていましたよ。

今もぴよちゃんシリーズ売っていると思いますが、
音が出るしかけになってるみたいですね。

私の持っている絵本ではたしか音はならなかったと思うのですが・・・
音の出る本もかわいくていいでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました